住友のカンタン無料査定・売却相場
水面下での慎重な売却に






2015年08月28日

■スルガ銀行の融資情報



数か月前にスルガ銀行が融資方針を変更していますが、意外にご存じない方が多くいるようですのでお知らせします。


現在購入を検討している物件の所有者がスルガ銀行で融資を受けている場合には、その物件の融資をスルガ銀行は受けないとのことです。


したがって、売主のスルガ銀行の抵当権を抹消して、買主もスルガ銀行の融資で物件購入するということが出来ません。


困るのは、購入者だけではなく、スルガ銀行で地方のRCをフルローンで購入している所有者でしょう。おそらく、出口が取れなくなる所有者が多数出ることになります。


特に、ここ数年の不動産投資の過熱ぶりから、築20年を超えるRCを担保評価の甘いスルガ銀行で融資を利用している場合、他の金融機関では担保評価額が大幅に足りなくなることが見込まれる。そうなると、他の金利の低い金融機関で借り替えが出来ません。


またスルガ銀行の高い金利条件では、支払利息ばかりで元金がなかなか減らないので売りたくても売却可能価格が残債を下回りスルガ銀行の抵当権が外せませんので売却もできない。


入居率が高い状態でも、退去時の修繕費・広告費・フリーレントなどでまったく手残りが無い状態が続きます。そのうち、築年数の経過や設備の陳腐化により家賃の下落により借入金の返済に窮することになるでしょう。


スルガ銀行の融資を利用して良い物件は、りそな銀行など金利の低い銀行で借り替え可能だけれども競争が激しく融資の内諾が契約条件になっている売り急ぎの物件です。購入後にりそな銀行の借り換え条件を提示しつつ、スルガ銀行と金利交渉しましょう。2%前後までは下げることが出来ます。



posted by y's at 18:32| Comment(0) | 不動産投資の銀行融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: