住友不動産販売のカンタン無料査定・売却相場
売却後のサポートも充実!






2015年08月04日

■オリックス銀行が築古木造向け融資を強化


■オリックス銀行が築古木造向け融資を強化(属性によってフルローンの可能)


オリックス銀行が8月から築古木造向けのアパートローン融資を強化します。


今までは木造の収益物件に対するアパートローンについては、新築での取り組みが中心でした。


8月からオリックス銀行は、築20年から30年の築古木造物件についても20年から30年の融資期間でアパートローンが組むことが出来ます。


融資期間の計算式は、「50年 − 築年数」となる。


築20年の木造物件であれば、「50年 − 築20年 = 融資期間30年」


築25年の木造物件であれば、「50年 − 築25年 = 融資期間25年」


基準金利は、2.3%となる。


優遇金利は、最大で0.65%。


最優遇金利は、1.65%となる。


静岡銀行も築古木造物件に、25年程度の融資期間が取れるが、金利が3.3%〜3.6%であることを
考えるとオリックス銀行に優位性がある。


上場企業勤務や資産背景など属性の高い人には、フルローンも可能とのこと。




posted by y's at 11:23| Comment(0) | 不動産投資の銀行融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: