楽待 一括無料査定サービス(お祝い金あり)
最大5社に査定依頼をすることが可能
会社によっては最新の取引事例などの
資料を添付


住友のカンタン無料査定・売却相場
水面下での慎重な売却に






2015年05月27日

■固定資産税の納付でクレジットカードのポイントをもらう方法(nanacoカード)




前回の記事の続きです。


不動産投資をしていると所有不動産の固定資産税の納付額が多額になってきます。


その固定資産税の納付についてもクレジットカードのポイントにできないかということでnanacoカードのクレジットチャージにより発生するポイントを紹介します。


nanacoカードのクレジットチャージができるカードはたくさんありますが、nanacoカードへのクレジットチャージによりポイントが発生するカードは限られます。


よく不動産投資家が利用するカードは下記になります。
・リクルートカード
・楽天カード(年会費無料)
・セブンアイカード(nanacoカード発行手数料が不要!)

それぞれを詳しく紹介しますが、今回は「楽天カード」です。
楽天カード ポイントの説明


楽天カードの長所は、年会費が無料であることと、ポイント還元率が1%なので通常の一般的なクレジットカードが採用している0.5%と比べると高い還元率となります。


ネットショッピングに楽天を利用している人にとってはとても便利なカードです。
クレジットチャージしたポイントが楽天での買い物に利用できますのでポイントを何に使うか悩む心配がありません。



楽天カードで注意する点としては、VISAやマスターブランドのクレジットカードからチャージしてもポイントはつかない。必ず、JCBブランドのカードを契約すること。



私の場合には、VISAブランドを所有していたためJCBブランドに変更することにした。



JCBブランドへの変更は、カード裏面の電話番号に電話してJCBブランドに変更したい旨を伝えるとその電話でVISAを解約してくれた。改めてJCBブランドで申込み手続きをすると1週間ほどで新しいJCBブランドのカードが発行された。



なお楽天のポイントは、楽天のIDに付与されるので、JCBに変更してもそのままポイントが移行されたので有難かったです。

また新規カード入会時に5千円分のポイントがもらえるのはお得ですね。
楽天カード(発行時5千円分のポイント付与)


もし「楽天カード」を作る場合には「JCB」ブランドにすることをお忘れなく!

nanacoカードへのクレジットチャージにポイントがつくのは「JCB」だけですので。


















posted by y's at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

税金納付をnanacoカードでポイントをもらう!(クレジットカードでチャージ)



不動産を所有していると4月から5月にかけて固定資産税の納付書が続々と送られてきます。

私の場合は、総額で100万ほど納付することになります。

昨年までは、銀行の窓口で納付していました。

以前から、セブンイレブンでnanacoカードで納付すると
ポイントが付くような話は聞いていました。

ただコンビニの学生のバイトに多額の税金納付処理を任せるのが
若干心配だったとこもありnanacoカードでの納付は
利用していなかったのですが、今年からnanacoカードで
固定資産税を納付してみました。

税金納付の場合は、nanacoカードでの固定資産税納付時に
ポイントが付くのではなく、nanacoカードにクレジットカード
からチャージするときにポイントが付きます。

そこでどのクレジットカードからチャージするか、によって還元率に
差が発生します。

次回の記事で、私が利用している還元率の高いカードを詳しくご紹介します。

・リクルートカード
・楽天カード
・セブンアイカード(nanacoカード発行手数料が不要!)

などなど








posted by y's at 14:10| Comment(0) | 不動産投資の銀行融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

■オリックス銀行の融資情報■




■オリックス銀行の融資情報


先日の某不動産コンサル会社CFネッツのセミナーに参加して金融機関の融資情報が聞けたので少しお知らせしたいと思います。

オリックス銀行の融資における融資期間

55年 − 築年数 

但し、最長融資期間は、30年又は35年となる


築25年の中古区分マンションの場合には

55年 − 25年 =30年 


30年の融資期間がとれると利回り10%程度の物件でも収支も回りそうですね。
まあ、築25年で利回り10%では、まったく魅力を感じませんが。
好立地ファミリータイプの区分マンションのオーナーチェンジで退去後は実需向けにキャピタルが狙えるような物件なら良い。


金利は、1棟物であれば、1.8〜2.2あたり。

区分所有であれば、2.5%前後も可能。


オリックス銀行は、今後、木造の中古物件にも融資を強化する方向とのこと。


選択肢が広がるのは良いことです。


CFネッツの社員は楽しそうに仕事をしているところに好感が持てます。
posted by y's at 11:26| Comment(0) | 不動産投資の銀行融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする