楽待 一括無料査定サービス(お祝い金あり)
最大5社に査定依頼をすることが可能
会社によっては最新の取引事例などの
資料を添付


住友のカンタン無料査定・売却相場
水面下での慎重な売却に






2014年09月26日

■りそな銀行で満額(フルローン)のアパートローン不動産融資

りそな銀行のアパートローンについての融資情報です。

りそな銀行の不動産融資は、収益還元法による収益法で物件を評価する。


りそな銀行の収益還元法における不動産賃料収入は、満室想定の賃料ではなく現況の賃料収入で計算する。
したがって、空室が多い物件の場合には収益評価のため評価が伸びない。


費用については、通常の運営経費に固定資産税、火災保険料、修繕見積り金額を勘案する。このうちの修繕見積額が非常に厳しい金額を見積もる。
具体的には、新築時の建物価格の2%を修繕費用として引当計上する。
例えば、RCの建物で延べ床面積が900uであれば、u単価を18万円とすると900u×180,000×2%=3,240,000円となる。


この修繕費用を引き当てても十分に収支が回る物件を選定することが重要である。
要するに、レンタブル比の高い物件であり、賃料単価の高いエリアであること、豪華な共有部分は不要である。
コンパクトな建物で収益性の高い物件ということが「りそな銀行」のアパートローン融資では重要である。


次回は、りそな銀行の融資条件についてお伝えします。

















posted by y's at 18:01| Comment(0) | 不動産投資の銀行融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする